スーツケースの選び方

スーツケースは、海外旅行の際によく利用されます。
スーツケースを選ぶポイントSサイズのものは、機内の持ち込みが出来るものもあり、荷物を持っての移動が多い場合や、個人旅行に適しています。
Mサイズのものは、1週間位の旅行に適しています。
Lサイズのものは、2人分の荷物を収納することも出来ます。
2週間位の旅行に適しています。
キャスターは、スーツケースのサイズが大きくなるほど4輪のほうが安定し、小回りもききますが、石畳や段差では2輪の方が引きやすいです。

スーツケースには、キャリーバーのあるものとないものがあります。
キャリーバー付きのスーツケースは、機能的ですが、キャリーバーの分だけ料金が高くなり、スーツケースのスペースが狭くなるので、中に入る荷物が少なくなります。
また、スーツケースが重たくなるとキャリーバーでは引けなくなります。
斜めに引くので小型のものだと、安定性に欠けます。
キャリーバーなしのスーツケースは、走行時の安定性に優れ、キャリーバーがない分、収納力がよく価格が安いです。

スーツケースには、ハードタイプとソフトタイプがあります。
ハードタイプのスーツケースは、汚れが目立たない、荷崩れしにくいなどのメリットがあります。
デメリットは、荷物を詰め込みにくい、重いので運びにくいなどです。
ソフトタイプのスーツケースは、それ自体がハードタイプに比べて軽いため、重量オーバーによる超過料金を徴収されることが少なくなる、軽量なので運びやすいなどのメリットがあります。
デメリットには、荷物を詰め込むとバランスや形が悪くなる場合があることです。

ハワイ旅行などの海外旅行にいくと、お土産で帰りのほうが荷物が多くなることが多いので、予定日数よりも大き目のスーツケースを良いしておくと便利です。 


Wilson Cham   |  カテゴリ《スーツケース》の一覧2011-12-222011-12-22 2011-12-22

Post a Comment

RSS Feed