法人保険とはどのような目的で加入をするのか

法人保険は、あまりなじみが無い保険ではありますが、法人保険というものがあるそうです。
しかしこの法人保険というものは、社会保険などではなく、節税対策などを行う際に利用する保険の事を法人保険と言うようです。
これには、生命保険なども含まれますし、法人向けのガン保険なども含まれています。
そのため法人として加入する全ての保険の事を法人保険と呼び、一般の人が加入する保険と区別を付けていることなのかもしれません。

法人保険は主に法人税などを節税するために加入する保険のようで、保険加入前と後ではなかりの税金を節税できるようです。
例えば利益が出ることで法人税というものは大きく圧し掛かって来るわけですが、この利益を少しでも会社のためにそのまま利用したいと思う経営者は多いはずです。
しかし税金を納めなくては脱税と言う結果になるため、利益が出てもそのうちの大半は税金として徴収されてしまうわけです。
しかし、法人保険に加入する事でその税金の一部は手元に残るということだそうです。

企業における節税対策には様々な方法があり、例えば車を購入するとか、事務所の家賃を1年分以上先払いすることなどがあり、これらはいずれも法人税などの節税に役立つそうです。
しかし、このような事は頻繁に行う事が出来ません。
そこで考え出されたのが法人保険というもので、この法人保険の利点は、リスクが少なく、しかも大きな損金を作る事が出来ることからも節税に役立つといわれています。
これにより、利益が出たお金を手元に残しておく事が出来るため、会社に役立てる事が出来ると言います。


Wilson Cham   |  カテゴリ《法人保険》の一覧2011-07-212011-07-21 2011-07-21

Post a Comment

RSS Feed